ITサービスマネジメント研修中級

コースコードTS039
標準的日数1日間
概要本コースでは、 IT サービスを提供している技術者を対象に、 IT サービス、および IT サービスマネジメントの応用的な内容について学習します。IT サービスが顧客に価値を提供し続けるために必要なプロセスに関して、その理解を深めることを目的とします
 受講者は 3 名~ 5 名程度のチームに分かれ、仮想事例を用いた演習を行います。あるインシデントに関して顧客から説明を求められた、というシチュエーションで、どのような説明をすべきかをディスカッションし、講師や他チームを顧客に見立ててプレゼンテーショ ンします。その内容に関して、講師からフィードバックします。
対象者IT サービスマネジメント業務、運用業務を遂行する必要のあるビジネスパーソン
(サブリーダークラス)
目的1.IT サービス、および IT サービスマネジメントの本質を他人に説明できる。
2.プロセスの重要性を理解し、業務に必要なプロセス・モデルを考えることができるようになる。
3.IT サービスマネジメントを実施・改善するために従うべき 9 つの原則を理解する。
前提条件 
テキスト
サンプル
研修内容1.IT サービスマネジメントとは
(初級コースの復習)
 ・サービスと IT サービス
 ・IT サービスマネジメントとは
2.プロセス指向
 ・重要な用語の説明
 ・プロセスとプロセス・モデル
3.主なサービスマネジメント ・プロセス
 ・サービスレベル管理
 ・インシデント管理
 ・問題管理
 ・変更管理
4.IT サービスマネジメントの演習
 ・仮想事例の読み込み
 ・インシデント発生時の顧客への説明
 ・想定されるプロセス上の不備
 ・再発防止策を優先すべきか、インシデント対応時の迅速な対応を優先すべきか
 ・SLA の見直しについて
 ・顧客への報告書に盛り込むべき内容
発行PDU7(Technical:7 Leadership:0 Strategic:0)
備考本コースはITIL®2011に準拠していますが、ITIL®のすべての要素を学習するものではありません。

★本コースは、オンライン研修に対応しています。
テキストを事前に受講者に配布したうえで、テキストのPDFを画面共有して実施します。
演習はグループワーク形式で行います。グループワークの結果をグループの代表の方に発表して頂き、講師から適宜フィードバックを行います。

オンラインで打ち合わせできます

  • パソコン画面を共有し資料を見ながらのご説明が可能です
  • 実際にお会いしている感覚でお話できます
  • 電話/メール/チャットもご利用いただけます