OJT管理者のためのOJTマネジメントの要点

コースコードHS123
標準的日数2.5時間
概要仕事が複雑・多様化するにつれ、新しく配属されたメンバに仕事を効果的に教えるOJT(On the Job Training)の重要性が高まってきています。
しかし、OJTの実践のしかたを誤ると、「ただ教えたことしかできないメンバ」ができあがってしまいます。自ら考え、適切な行動が取れるメンバを育てるには、組織のゴール、部署のミッション、そしてメンバの役割と活動をそれぞれ明確にした上で、OJT受講者(トレーニー)の「あるべき姿」を示す必要があります。そのためには、OJTをOJT担当者(トレーナー)に任せきりにしてはいけません。
本コースは、日本最大級のテーマパークで長きに渡りOJTトレーナーとして活動していた町丸義之氏と、国内最大手のファーストフード店で19店舗の店長として活躍していた丸本敏之氏の監修の元、OJT担当者の上司(管理者)が取るべき姿勢について学習します。管理者としてOJT担当者と何を作る必要があるか、何を指示すべきか、何を観察し、どう評価すべきか、ということを理解することを目的とします。
対象者OJT担当者の上司、またはOJT担当者を育成する責任のある人
目的1.OJTの管理に必要な「5つのn」を理解する。
2.OJTの管理に必要な考え方を理解する。
3.OJTの管理するうえでトレーナーとの情報共有を円滑にするための手法を得る。
前提条件 
テキスト
サンプル
研修内容1.OJTとは
   ・OJTの目的
   ・OJTの本来の意味
   ・OJTを業務として捉える
   ・管理者の役割
2.トレーニングの準備
   ・トレーナーの選出
   ・心構えに関する注意点
   ・トレーニーに接する
   ・目標の設定
3.トレーニングプログラム
   ・トレーニングプログラムとは
   ・育成に必要な7つの決定事項
4.メンタルケア
   ・メンタルケアとは
・   メンタルケアのポイント
発行PDU2(Technical:0 Leadership:2 Strategic:0)
備考本研修は、町丸義之氏、丸本敏之氏の監修を受けています。

★本コースは、オンライン研修に対応しています。
テキストを事前に受講者に配布したうえで、テキストのPDFを画面共有して実施します。
演習は、グループワーク形式で行います。グループワークの結果をグループの代表の方に発表して頂き、講師から適宜フィードバックを行います。