DXを成功に導くクリティカル・シンキング

コースコードCS087x
標準的日数1日間
概要 DX(デジタル・トランスフォーメーション)を正しく理解し、正しく実践しないと、真のビジネス変革や新しい顧客体験を実現することはできません。そのためには、「今私は正しい判断をしているか」ということをクリティカルに考える必要があります。  本コースでは、物事を論理的に、かつ正しい論拠に従って体系立てて考えるための思考法である「クリティカル・シンキング」について学習します。無意識の思い込みや先入観などから解き放たれ、多角的に評価・判断できるようになることを目的とします。
対象者デジタル・トランスフォーメーションを推進することに責任を持つビジネスパーソン
目的1.クリティカル・シンキングとは何か、どのような思考法であるかを理解する。
2.問題提起に疑問を持ち、誤ったスタートを切らないようにすることができる。
3.物事の因果関係に疑問を持ち、論理的かつクリティカルな因果関係が導き出せるようになる。
4.自分の判断に疑問を持ち、偏りのない、正しい判断ができるようになる。
前提条件 
テキスト
サンプル
研修内容1.クリティカル・シンキング概要
   ・クリティカル・シンキングとは
   ・ロジカル・シンキングとクリティカル・シンキング
   ・クリティカルな思考をする人の特性
2.論点を疑う
   ・「問題」について
   ・「論点を疑う」とは
3.因果関係を疑う
   ・原因と結果
   ・正しい因果関係の決定
4.最終的な判断を疑う
   ・偶然と確率
   ・主観的確証
   ・自分の判断を判断する
発行PDU7(Technical:0 Leadership:7 Strategic:0)
備考★本コースは、オンライン研修に対応しています。
テキストを事前に受講者に配布したうえで、テキストのPDFを画面共有して実施します。
演習はグループワーク形式で行います。グループワークの結果をグループの代表の方に発表して頂き、講師から適宜フィードバックを行います。

★本コースの学習目標は、「ワークショップで鍛える!リーダーに求められるクリティカル・シンキング」」(CS087)と同じですが、研修内で扱う題材をDX寄りなものに変更しております。