ワークショップで鍛える!ファシリテーション技術
(標準的な日数:2日間)

コースコード HS091
概要 本コースでは、働きやすい「場」を作るために必要な、ファシリテーションのスキルを基礎から学習します。ファシリテータに必要な役割、その役割を担うために必要な3 つのスキル(傾聴、図式化、コンセンサス)を、演習を通して体系的に学びます。演習では最もわかりやすい「会議」を題材にしますが、ファシリテーションの場は会議だけとは限りません。そのため、会議開催者以外の方でも必ず役立つ内容です。
対象者 ITSS レベル 2、3 を目指す方
業務において、なんらかのとりまとめ役、中心的な役割を担うビジネスパーソン
目的
  • ファシリテーションとは何か、何を目指すものかを理解する。
  • ファシリテーションが目指す「場作り」とは何かを理解し、場作りに必要な技術を説明できる。
  • 自分と他人との考え方の違いを、傾聴によって知ることができる。
  • 対立の原因を探り、対立を効果的に解消することを目的とした話し合いができる。
  • 話し合いの主題や内容を効果的に共有するための図解方法(ファシリテーション・グラフィック)の基本を  知り、それを効果的に活用できる。
前提条件
テキスト
サンプル
sample
  • 表示中のページ:1

研修内容 1.ファシリテーションとは
   ・なぜ会議を開くのか
   ・「場を作る」には
   ・ファシリテーションに必要な10のスキル
2.会議がたどる5つの段階
   ・会議全体のライフサイクル
   ・会議がたどる「5つの段階」
3.積極的傾聴
   ・メンバの話を「きく」
   ・4つの「きく」
   ・聴く
~積極的傾聴~
   ・訊く ~効果的な質問~
   ・利く ~理解し、影響を受ける~
4.図式化  ・図式化とは
   ・全体の意見を構造化する
   ・代表的なファシリテーション・グラフィック
5.コンセンサス
   ・対立について
   ・コンセンサスとは
   ・「納得」と「コンセンサス」
6.演習
   ・会議ファシリテーション演習
発行PDU 14(Technical:0 Leadership:14 Strategic:0)
備考 ★本コースは、オンライン研修に対応しています。
テキストを事前に受講者に配布したうえで、テキストのPDFを画面共有して実施します。
演習はグループワーク形式で行います。グループワークの結果をグループの代表の方に発表して頂き、講師
から適宜フィードバックを行います。

テクノファイブ株式会社