ワークショップで鍛える!ロジカル・コミュニケーション
(標準的な日数:2日間)

コースコード HS015
概要 このコースでは、ロジカルでわかりやすいコミュニケーションを取るためのコツやテクニックを身につけ、相手に納得感を持って受け入れてもらえるコミュニケーションが取れるようになることを目的とします。
対象者 どなたでもご受講になれます
目的
  • 論理的なコミュニケーションをとるために必要な考え方を知り、人に説明できる。
  • 相手の話を論理的に正しくきくことができる。
  • 自分の伝えたいことを、論理的に正しく伝えることができる。
  • 情報の欠落や誤解が極めて少ない、論理的なコミュニケーションが取れるようになる。
前提条件
テキスト
サンプル
sample
  • 表示中のページ:1

研修内容 1.論理的なコミュニケーションとは
   ・コミュニケーションとは
   ・コミュニケーションの目的
   ・「知る」ということ
   ・ロジカル・コミュニケーションとは
2.論理的思考の基本
   ・論理的であるとは
   ・解釈ドリブン
   ・隠された関連性
   ・演繹法と帰納法
3.論理的に「きく」技術
   ・妥当性を意識して聴く
   ・疑問点を明らかに、問いかける
   ・理解し、反応する
4.論理的に「考える」技術
   ・論理的に情報を処理する(MECE)
   ・ロジック・ツリー
   ・フレームワークを用いた思考
5.論理的に「伝える」技術
   ・的確に「伝える」
   ・適切な説明の3つの特徴
   ・感情を伝える
   ・信頼関係を確立する
6.ロジカル・コミュニケーション実践演習
7.その他のフレームワーク
発行PDU
備考 本コースは、「ロジカル・シンキング初級」(CS081)および「コミュニケーション技術基礎」(HS011)の内容を合体させたもので、内容が重複します。

テクノファイブ株式会社