インバスケット手法を用いた問題発見・解決技法
(標準的な日数:1日間)

コースコード CS073
講座予約 開催日:
概要 以下の4つの案件から、真の問題を発見することができますか?
・ビルメンテナンス会社より
 ビルのメンテナンスのため、次の日時に全館停電を行います。すべての電気系統が停止します。エレベーターも止まりますので、ご注意ください。8月23日 2時~4時 8月29日 2時~4時
・品質管理部より
 先日発売になった新製品に欠陥が見つかりました。欠陥部位は海外製部品Z98で、使用中に発熱し、最悪の場合火災事故につながる可能性があります。
至急、Z98を使用している製品の回収と、お客様に対する告知をお願いします。
 ・情報システム部門より
8月23日未明に発生したサーバダウンの影響で、データの一部が欠落している可能性があります。売上情報、販売代理店への支払情報などが誤っていないか、各位ご確認ください。
何かありましたら、情報システム部門までお問合せください。
 ・広報部より
発売まで2週間を切った新製品のプレスリリース原稿ができあがりましたので、ご確認ください。本製品は、最新のZ98を用い、今までにない高性能と低価格が売りです。2日後までにご連絡がない場合は、この原稿のままでリリースします。

残念ながら、世の中は問題で満ち溢れています。その問題をひとつひとつ解決していく必要があるのですが、時間も労力も限られているのが現実です。仕事の効果性を高めるためには、「最も大切で根本的な問題」を発見し、その問題を解決することが求められます。
本研修は、インバスケット研究所が提供する「インバスケット手法」を題材に、「見えない問題を発見する」思考と、「利害関係者を巻き込んでその問題を解決する」やり方について学習します。効果的な問題発見・問題解決に必要な姿勢やスキルを知り、問題解決のあるべき姿を理解することを目的とします。

対象者 問題を発見・解決することが求められるビジネスパーソン
(主任・係長・課長クラスの人)
目的
  • 自分の問題発見能力、問題分析能力を客観的に測定することができる。
  • すぐれたリーダーに求められる10の能力について理解し、必要に応じて発揮することができる。
  • 「見える問題」と「見えない問題」の両方を発見し、解決に結び付けることができる。
前提条件
テキスト
サンプル
sample
  • 表示中のページ:1

研修内容 1.「問題」とは
 ・問題とは
 ・見える問題と見えない問題
 ・問題の優先順位
2.インバスケット手法
 ・インバスケット手法とは
 ・【演習】インバスケット問題(60分)
3.優先度の決定
 ・重要度と緊急度
 ・見える問題を発見する
 ・見えない問題を発見する
 ・【演習】インバスケット問題における、最も大切な見えない問題を洗い出す
4.問題解決のプロセス
 ・すぐれたリーダーに求められる10の能力
 ・問題解決のプロセス
 ・【演習】プロセスに基づき、見えない問題の解決策を考える
発行PDU
備考


 

テクノファイブ株式会社