インバスケット手法を用いたリーダーシップ
(標準的な日数:1日間)

コースコード CS074
概要 あなたなら、以下の4つの案件にどう対応するでしょうか。
・課長代理より
 課長、現在進めている極秘プロジェクトのプロジェクトマネジャーから、メンバ増員の要請がきています。これで3回目です。
 どのように回答しておきましょうか。前回同様、検討中と言っておきましょうか。
・ビル管理部より
 地下駐車場の出入り口付近にある御社の鉄製看板が錆びきっていて、今にも落下しそうです。このままでは、偶然下を通りがかった人に落下し、けがをする可能性があります。至急、対応をご検討ください。
・部長より
 来週の月曜日に行われる取締役会議において、我が部が極秘に進めているプロジェクトを発表しようと考えている。今週中に資料をまとめると共に、プロジェクトに詳しい人間を1人選定して、課長ともども取締役会議に出席するように。
・あなたの部下の広瀬より
 課長、西村さんに任せている極秘プロジェクトが思うように進んでいません。私は西村さんより田中さんのほうが本プロジェクトに適任だと考えているのですが、課長のご意見をお聞かせください。
インバスケット問題より抜粋 (インバスケット研究所社製)

ハイ・パフォーマーがその仕事の成果を認められてリーダーになると、必ずといっていいほど陥る「わな」があります。その「わな」の存在を認知すると共に、優れたリーダーに求められる10の能力を理解しないと、真の意味でのリーダーにはなれません。
本研修は、インバスケット研究所が提供する「インバスケット手法」を題材に、優れたリーダーに求められる10の能力について学習します。リーダーとして、任されたチームが最大の成果を上げられるようにするためにとるべき行動を知り、真のリーダーのあるべき姿を理解することを目的とします。

対象者 チームを任されているリーダー、マネジャーや、その候補の人
目的
  • 自分の仕事の進め方のクセを知る。
  • すぐれたリーダーに求められる10の能力について理解し、必要に応じて発揮することができる。
  • リーダーに必要な行動指針を理解し、その指針に基づいて行動することができる。
前提条件
テキスト
サンプル
研修内容 1.上司とは
 ・チーム・上司・メンバ
 ・チームについて
 ・リーダーについて
 ・すぐれたリーダーに求められる10の能力
2.インバスケット手法
 ・インバスケット手法とは
・【演習】インバスケット問題(60分)
3.優先度の設定
・重要度と緊急度
・仕事に優先度をつける
・【演習】インバスケット問題における、最も優先度の高い案件を絞り込む
4.リーダーとしての行動指針
 ・針路を示す
 ・動機づけ
 ・上司からのアプローチ
 ・【演習】講師から指定された案件を適切に対応する 
発行PDU
備考

 

テクノファイブ株式会社