チーム活動を成功させるために自分と相手を知る
(標準的な日数:2日間)

コースコード HR011
概要 チームにはさまざまな仕事の進め方をする人が集まっています。メンバー間の考え方の違いによって仕事の混乱や停滞、不安を招く可能性もあります。メンバーが自分達の違いを理解する枠組みを備えると、他のメンバーに何が期待でき、チームが何を必要としているのかを理解するための方法を知ることができます。
1.人の行動原理の基本を知る: 人の行動特性を左右する二つに軸を理解します。すべての人はこの二つの軸をどういうバランスで持っているかによって分類する手法を習得します。 2.自分の行動特性を知る:行動原理や原則に基づいて、自分自身の行動特性を理解します。自分がどんな価値観に基づいて行動しているのか、どういったことに興味を持ちどういったことを恐れているか、ということを整理します。 3.相手の行動特定を読み取る: 相手の王道特性を読み取ります。相手がどんな価値観を持っているか、どういったことに興味を持ち、どういったことを恐れているか、ということを、相手の行動やしぐさ、口調名Dから推論し、整理します。 4.相手にあったコミュニケーションを取る: 推論した相手の行動特性に基づいて、相手にマッチしtaコミュニケーションを行います。アプローチを行います。相手に有った行動をとることで、効果的なコミュニケーションが可能になります。
本研修では、これらのことを効率よく順に学習するために、DiSC(r)と呼ばれる手法を用います。
対象者 プロジェクトをはじめとした、主にチームで活動し、成果を上げる必要があるビジネスパーソン
目的
  • 自分を駆りたてる個人的な動機づけを理解し、活用する。
  • 対立の解消スタイルとそれが他の人たちに及ぼす影響を理解する。
  • 不適切で、非生産的なコミュニケーションを認識する。
  • チームのモチベーション、対立解消、コミュニケーションをさらに強化する。
前提条件 あらかじめDiSCアセスメントを受けていること(必須)
テキスト
サンプル
研修内容 <受講準備> 事前アセスメント:受講者にはあらかじめWebベースでのDiSCアセスメントを受けていただきます。アセスメントには20分程度かかります。結果は本人にその場でフィードバックします。また、受講者の上長や教育担当者に別途転送することも可能です。
《1日目》
1.導入
 ・合わない人と仕事をする
 ・私が一緒に仕事したい人
2.4 つの行動スタイルを知り、自分の好みのスタイルを探る
 ・DiSC を理解する
 ・DiSC 各スタイルの紹介
 ・DiSCの背景にあるストーリー
 ・あなたのDiSCスタイルを知る
 ・組織に対するあなたの価値
3.自分の強みを理解し、過剰使用の結果を知る
 ・強みを正しく理解する
 ・強みを理解し、過剰使用を知る
 ・強みとその過剰使用を検討する
 ・考察とアクションプラン
4.他の人があなたをどう見ているかを理解する
 ・スタイルに対する反応
 ・行動のショッピングゲーム
 ・他の人の認識にもとづいて行動する
《2日目》
1.あなたの動機付けの要因
 ・私の理想の職場環境
 ・スタイル別の好みの環境
 ・私の動機付けの要因
 ・私のモチベーションを高める
2.他の人のスタイルの見分け方
 ・「ピープルリーディング」の紹介
 ・「ピープルリーディング」の練習
3.人と対立したときのあなたの行動を学ぶ
 ・対立とストレス
 ・対立状況におけるスタイル
 ・対立状況でのあなたのスタイル
 ・対立への4つの反応
 ・他の人たちへの影響
 ・対立に対処する
4.異なるスタイルに適応するコミュニケーション
 ・効果的でないコミュニケーション
 ・各スタイルとうまく関わる秘訣
 ・効果的なコミュニケーション
発行PDU 14(Technical:0 Leadership:14 Strategic:0)
備考 ※事前にDiSCアセスメントを受けて頂くことが必須です。アセスメントを受けていない方はご受講できません。(DiSCアセスメントは弊社でとりまとめます) ※弊社の他のDiSC活用シリーズをご受講になっている場合は、講座の1日目をご受講になる必要はありません。 ※3ヶ月以内に他社でDiSCアセスメントを受けられた方がご受講になる場合は、アセスメント結果を事前に弊社に送付していただくことで、ご受講可能になります。

テクノファイブ株式会社