文章能力養成講座 上級 ~ロジカル・ライティング~
(標準的な日数:1日間)

 

コースコード HS153
概要 次の文章を、納得感をもって読むことができますか?
「日本には四季がある。この四季が、日本人を日本人たらしめている。春には春の、夏には夏の顔がある。梅雨や台風、地震などの様々な自然からの影響に対して人間は無力である。日本は環太平洋火山帯に位置しているが故に、いつ地震の被害にあってもおかしくない。そうした自然災害が、日本人を「忍耐の国民」に育て上げている。諸外国の人々が日本人に対して抱く驚きは、台風や地震などの被害に遭った時の日本人の態度である。みんな先を争うことなく、自分の権利を必要以上に主張することもなく、支援物資の配給に並んでいる姿は海外でも有名になった。日本人は自然からの恵みに対してもっと感謝し、敬意を払うべきである。と同時に、日本人であることを誇りに思うべきである。」
本研修は、上記のような「ひとりよがりな文章」から脱却し、読み手が一度読むだけで理解できる「論理的な文章」を作成するためのテクニックを学習します。そもそも論理的とはどういうことか、論理的な文章にはどのような特徴があるのか、ということを学び、文書を通して読み手と論理的で納得感のあるコミュニケーションができるような文書が作成できるようになることを目的とします。
対象者 基本的な文章作成能力を有する、若手~中堅ビジネスパーソン
目的
  • 効果の高いコミュニケーションに必要な、ロジカル・シンキングの基礎を理解する。
  • 一度読むだけで理解することのできる文書を作成するために必要なことを理解する。
  • 演習を通して、ロジカルでわかりやすい文書を作成することができる。
前提条件 弊社講習会「文章能力養成講座 基礎」ご受講済み、あるいは同程度のスキルを有する人
テキスト
サンプル
研修内容 1.ドキュメントの基本
 ・「書く」ことに関する5つの要素
 ・文書作成のプロセス
2.論理的思考の基本
 ・論理的であるとは
 ・解釈ドリブン
3.ワンパス・テキスト・ライティング
 ・論理的でわかりやすい文章とは
 ・明確に構造設計を行う
 ・デシリアライズしやすくする
 ・【演習】ロジカルでない文章を添削する
 ・【演習】ロジカルだと思う文章を作成し、受講者同士で添削し合う
発行PDU 7(Technical:0 Leadership:7 Strategic:0)
備考  

テクノファイブ株式会社