コミュニケーション技術 実践 ~顧客とのコミュニケーション~
(標準的な日数:2日間)

コースコード HS013
概要 このコースでは、コミュニケーションの基本を理解した上で、顧客との円滑なコミュニケーションを取るのに必要な様々な技術を体系的に学びます。顧客と自分達とが共に利益を得られるようなコミュニケーションが取れることを目的とします。弊社講習会「交渉技術
基礎/応用」、「ファシリテーション技術 基礎」を学習するためのプレ講座としてもご利用いただけます。
対象者 顧客や社外のステークホルダと様々なコミュニケーションをとる必要のある技術者
目的
  • コミュニケーションとは何か、なぜコミュニケーションが必要か理解する。
  • 円滑なコミュニケーションを取るために必要な、信頼関係の確立について理解する。
  • インタビューのテクニックを理解し、効果的に質問ができるようになる。
  • 交渉とは何か、何を目指すものかを理解する。
  • 効果的な提案の技法を習得し、実践で利用できる。
  • コンセンサスを取るということの意味を理解し、相手との合意形成に向けた働きかけができるようになる。
前提条件 弊社「コミュニケーション技術 基礎」をご受講済みか、同等のスキルを保持している人
テキスト
サンプル
sample
  • 表示中のページ:1

研修内容 1.コミュニケーションとは(復習)
 ・「知る」ということ
 ・「きく」ということ
 ・「価値観」を共有する
 ・的確に「伝える」
 ・相手の地図を理解して話す
2.ラポール(信頼関係の確立)
 ・ラポールとは
 ・信頼関係の確立
3.インタビュー
 ・インタビューとは
 ・インタビューの事前準備
 ・インタビューの構成
 ・インタビュアーの基本姿勢
 ・【演習】顧客要件をインタビューする
4.交渉
 ・交渉とは
 ・よい交渉とは(ハーバード流交渉術)
5.提案
 ・解決策の焦点
 ・解決策の提案
 ・【演習】顧客要件に合うソリューションを提案する
6.コンセンサス
 ・案の選択と合意
 ・コンセンサスとは
 ・説得
 ・【演習】提案事項に関して顧客と合意を取り付ける
発行PDU
備考 ※第1章は、「コミュニケーション技術 基礎」の復習です。

 

テクノファイブ株式会社