コミュニケーション技術 応用 ~組織活動のためのコミュニケーション~
(標準的な日数:2日間)

コースコード HS012
概要 他人とのコミュニケーションが十分に行えなかった場合、多くの人はそれを「コミュニケーション不足」が原因だ、と思ってしまいます。つまり、コミュニケーションの質に関してはあまり関心がないのです。実際にはコミュニケーション不足が発生していることはまれで、自分のコミュニケーションのスタイルや、適切なコミュニケーションのありかたを理解していないことが、コミュニケーションミスが発生する主たる原因になっています。
このセミナーでは、円滑なコミュニケーションを取るために、まず自分を知るところから始めます。また、コミュニケーションのテクニックのうち、信頼関係の構築と説得に焦点をあて、自分と他人との「違い」について理解すると共に、コミュニケーションを円滑に行う上でのテクニックを、演習を通して学習します。
対象者 どなたでもご受講になれます
目的
  • より良いコミュニケーションに必要な信頼関係の構築を意識的に取ることができる。
  • コミュニケーションとは何か、なぜコミュニケーションをとるのか考える。
  • 自分と相手との間に違いがあるということを理解し、その違いを受け入れることができる。
    また、違いを前提としたコミュニケーションが取れるようになる。
  • 説明の本質を知り、効果的な説明ができるようになる。
前提条件 なし(弊社の「コミュニケーション技術 基礎」をご受講済みであると、より深く学習できます)
テキスト
サンプル
sample
  • 表示中のページ:1

研修内容 1.コミュニケーションの基礎理解
 ・コミュニケーションとは
 ・「知る」ということ
 ・相手の話を「きく」
 ・「きく」ということ
 ・的確に「伝える」
2.ラポール(信頼関係の構築)
 ・ラポールとは
 ・信頼関係の確立
3.自分、相手を深く知る
 ・他人が知らない自分、自分が知らない自分
 ・自我状態
 ・相手のタイプ分け
 ・フィードバックを受ける
4.説明
 ・説明とは
 ・説明のテクニック
発行PDU
備考 ※第1章は、「コミュニケーション技術 基礎」の復習です。

 

テクノファイブ株式会社