リーダーに必要な思考力とコミュニケーションを養成する
(標準的な日数:2日間)

コースコード HS053
概要 本コースでは、リーダーになって間もない方、これからリーダーになる方を対象に、リーダーに求められる基本姿勢、コミュニケーション力、仕事の効果・効率を高めるための手法などを、短時間で養成します。
優れたリーダーと呼ばれるために必要な要素技術を学習することを目的とします。
対象者 ・中~大規模組織における中間管理職の方、またはこれから中間管理職になる予定の方
・数名、またはそれ以上の規模のプロジェクトチームや組織をマネジメントする必要のある方
目的
  • リーダーに必要なふたつの能力である、Performance 機能とMaintenance 機能の概要を理解する。
  • 情報の欠落や誤解が極めて少ない、論理的なコミュニケーションが取れるようになる。
  • タイムマネジメントの本質を知り、「効率」ではなく「効果」を上げるタイムマネジメントの手法を学ぶ。
  • 複数の案件を総合的に判断し、表面的な問題だけでなく、本当に解決すべき真の問題に気付くことができるようになる。
前提条件 特にありません
テキスト
サンプル
研修内容 1.リーダーとは
   ・チーム・上司・メンバ
   ・リーダーについて
   ・リーダーに求められる2つの機能
   (Performance機能、Maintenance機能)
2.Performance機能
   ・Performance機能とは
   ・目標設定
   ・計画
   ・コントロール
3.Maintenance機能
   ・Maintenance機能とは
   ・針路を示す
   ・権限を委譲する
   ・動機づけ
4.論理的なコミュニケーションとは
   ・コミュニケーションとは
   ・ロジカル・コミュニケーションとは
   ・最も基礎的な論理的思考
   ・解釈ドリブン
5.論理的に「きく」技術
   ・相手の話を「きく」
   ・聴く ~相手の話の妥当性を考える~
   ・訊く ~疑問点を明らかにして、問いかける~
   ・利く ~理解し、反応する~
6.クリティカル・シンキング概要
   ・クリティカルな思考とは
   ・論理的思考とクリティカル・シンキング
   ・必要原因と十分原因
   ・原因の選定
7.タイムマネジメントとは
   ・タイムマネジメントとは
   ・タイムマネジメントと優先度
8.インバスケット®手法
   ・インバスケット®手法とは
   ・優れたリーダーは発揮すべき10のスキル
9.優先順位の決定
   ・効率性と効果性
   ・優先順位
   ・優先順位を決定する
10.問題発見・解決
   ・問題発見とは
   ・問題への対応
発行PDU 14(Technical:0 Leadership:14 Strategic:0)
備考 本コースは、「上司の心得 ~上司と呼ばれる人が持つべき2つの能力~」(HS051)、「ロジカル・コミュニケーション」(HS015)、「インバスケット®で鍛える!モダン・タイムマネジメント」(CS071)、「インバスケットで鍛える!問題発見・解決技法」(CS073)のエッセンスを凝縮し、2日間にまとめてご提供するものです。

テクノファイブ株式会社