VR で鍛える!トレーナー・トレーニー間のプロトコルを合わせる技術
(標準的な日数:1日間)

コースコード HS124
概要 「OJT トレーニー(OJT を受講する新入社員)はもちろん、OJT トレーナーとして経験が浅い方も、OJT に対する不安や悩みはたくさんあります。その悩みの中に、「異なる世代の人とうまくコミュニケーションがとれない」、「つい遠慮してしまって訊きたいことがなかなか訊けない」、「お互い一生懸命なのに、プロトコルが合わずに意思疎通できない」、といったものがあります。
本コースでは、頭に思い描いたイメージやデザイン(思想、方針、設計 など)を第三者に的確に伝え、確実に情報共有を行うために必要なことがらを学習し、OJT トレーナー・トレーニー間におけるOJT 活動の成果を高めるために必要なコミュニケーション・スキルについて体験的に学習します。
VRを用いた、新鮮、かつ記憶に残る体験を通して、OJT トレーナーとトレーニー間の心の垣根を取り払い、コミュニケーション上のプロトコルを合わせ、OJT を成功に導きましょう。
対象者 OJT トレーナー(担当者)およびOJT トレーニー(受講者)
目的
  • OJT トレーナーがOJT を的確に遂行するにあたり、必要な情報や内容をOJT トレーニーが受け取れる形で発信するためのテクニックを理解する。
  • OJT トレーニーがOJT を効果的に受けるために、OJT トレーナーが伝える情報をヌケ・モレなく聴き取り、必要に応じて効果的に質問をするためのテクニックを理解する。
  • OJT トレーナーとトレーニー間の緊張や遠慮を可能な限り払拭し、壁を取り払い、信頼関係を構築するための「はじめの一歩」となる場を構築する。
前提条件 特にありません
テキスト
サンプル
研修内容 1.コミュニケーションの基礎理解
 ・コミュニケーションとは
 ・知るということ
 ・情報を共有する
 ・情報を共有する方法
2.きき取る技術
 ・相手の話を「きく」
 ・「きく」ということ
 ・聴く ~積極的傾聴~
 ・訊く ~効果的な質問~
3.伝える技術
 ・適切な説明の3 つの特徴
 ・共通言語を持つ
4.総合演習~アニュビスの仮面~
 ・アニュビスの仮面 演習
 ・振り返りと分かち合い
 ・プロトコルシートの作成
発行PDU
備考 ※本コースは、必ずOJT トレーナー、トレーニーのペアで受講する必要があります。
【ご受講者の声】
実務においても「あたってるな」と感じる部分が多く、腹落ち感があった。
 楽しいゲームを通して、チームワークで大切なことやPDCA を回すことの大切さを学べた。
 題材が取り掛かりやすく、意見を言い合える環境に適していた。
 年の差もあり、少し不安だったが、お互いに改善や反省についてしっかりと意見が出し合えた。
 演習を通じて講義の趣旨であるコミュニケーションの重要性をいたく実感しました。

 

テクノファイブ株式会社