ワークショップで鍛える! お客様に気持ちよく買って頂くための接し方(CCARD)
(標準的な日数:1日間)

コースコード HR022
概要 顧客の購買担当者には、仕事上のニーズのみならず、その人自身が持っている個人的な価値観、関心や興味、恐れや脅威などがあります。相手の思考パターンや行動原理などをその人の言葉やしぐさなどから読み取り、理解することで、相手にマッチしたアプローチが可能になり、成約率が高まります。
本コースでは、効率よく理解するために、コミュニケーションカードというツールを用います。
対象者 セールス、セールスエンジニアなど、顧客に対してセールス活動を行っているビジネスパーソン
目的
  • 顧客担当者のさまざまなニーズとモチベーションを理解する。
  • 顧客担当者のニーズに対応するセールス戦略を実践する。
  • 顧客担当者のコミュニケーション・スタイルを読み取り、購買ニーズを理解する。
  • 顧客担当者と、互いに影響力のある自然な関係を築き上げる。
前提条件 特にありません
テキスト
サンプル
研修内容 1.導入
 ・なぜ、私はあの人と話が合わないのか
 ・話が合わない人と仕事をするために
2.4つのコミュニケーション・スタイル
 ・コミュニケーション・スタイルとは
 ・自分のコミュニケーション・スタイルを知る
 ・4つのコミュニケーション・スタイルの紹介
 ・コミュニケーション・スタイル別の長所
3.あなたの動機付けの要因
 ・私の理想の職場環境
 ・スタイル別の好みの環境 ・私の動機付けの要因
4.他の人のスタイルの見分け方
 ・「ピープルリーディング」の紹介
 ・「ピープルリーディング」の練習
5.顧客のスタイルの見分け方と対応を学ぶ
 ・コミュニケーション・スタイル別購買
 スタイル
 ・あなたの顧客の購買スタイル
 ・あなたと顧客
 ・あなたと顧客との対話
 ・セールスのアクションプラン
発行PDU
備考

【コミュニケーションカードとは】
コミュニケーションカードは、日本コミュニケーションカード活用推進協会が製作した、汎用性の高い教育ツールです。コーチング理念、様々なパーソナル理論(DiSC®、交流分析他)、脳生理科学、心理学などをベースに作られており、より良い人間関係づくり、リーダーシップ、感情欲求や動機付けなどの研修や、アンガーマネジメント、メンタルヘルス、アサーションなどのコミュニケーション・トレーニングにも広く活用されています。気軽に楽しみながら自分の行動特性を知ることができます。
※行動特性をより理解するために(オプション)
人の行動特性の違いをより深く理解するための手法として、コミュニケーションカードの基にもなっている、DiSCと呼ばれるアセスメントをご紹介しています(有償)。アセスメントはWebベースで、20~30分程度かかります。結果は本人にその場でフィードバックします。

© 2010 Inscape Publishing and 2016 日本コミュニケーション活用推進協会 All Rights Reserved.

テクノファイブ株式会社